衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

問う」を学ぶ 答えなき時代の学問

¥2750(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

われわれは、いま何が「わからない」のか? 学問することの意義をラディカルに問い直す。生命、宇宙、宗教、社会、ジェンダー、他者――12人の研究者を訪ね歩いた、超横断的ロング・インタビュー集!
[本書に登場する研究者]中村桂子、島薗進、辻信一、中村寛、奥村隆、吉澤夏子、江原由美子、広井良典、池内了、内田樹、小川隆、野矢茂樹

【目次】
Ⅰ 人間とは何か

1 生きものとして生きるということ
中村桂子(生命誌)

2 日本人の死生観
島薗進(宗教学)

3 デカルトとナマケモノ
辻信一(環境運動)

4 暴力とアイデンティティ
中村寛(文化人類学)

Ⅱ 社会とは何か

5 自由と距離の社会学
奥村隆(社会学)

6 女であるとはどういうことか
吉澤夏子(フェミニズム論・ジェンダー論)

7 意思とジェンダー
江原由美子(女性学・ジェンダー論)

8 日本社会はどう変わるべきか
広井良典(公共政策・科学哲学)

Ⅲ 真理とは何か

9 宇宙はどうはじまったのか
池内了(宇宙物理学)

10 ユダヤ教入門
内田樹(ユダヤ文化論)

11 禅は「自己」をどう見てきたか
小川隆(中国禅宗史)

12 この世界は他者にどう現れているのか
野矢茂樹(哲学)

加藤哲彦(編者)
学問する人のポータルサイト「トイビト」代表。1975年鳥取県生まれ。立教大学理学部物理学科卒業。広告会社のコピーライターを経て、2017年に学問する人のポータルサイト「トイビト」を開設。アカデミアと一般社会を架橋し、誰もがいつからでも学問できる場の実現をめざしている。

出版社: アルタープレス/トイビト
サイズ:512ページ 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
発行年月:2021/12/2

関連する商品

ページトップへ