衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

【アーカイブ】夜雨の声(文庫)
岡潔

¥704(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

世界的数学者でありながら、哲学、宗教、教育にも洞察を深めた岡潔。数々の名随筆の中から科学と宗教、日本文化に関するものを厳選。最晩年の作「夜雨の声」ほか貴重な作品を多数収録。解説/編・山折哲雄。

【目次】
情緒
独創とは何か
こころ
ロケットと女性美と古都
春の日、冬の日
無明ということ
数学も個性を失う
科学的知性の限界
破壊だけの自然科学
ふるさとを行く
愛国
生命の芽
物質主義は間違いである
日本民族の心
夜雨の声

岡潔
1901年大阪生まれ。京都帝国大学卒業。フランス留学を経て、帰国後、広島文理科大学、北大、奈良女子大で教鞭をとる。後年、多変数解析函数論の分野における超難題「三大問題」を解決し、数学者としてその名を世界に轟かせた。1960年に文化勲章を、1963年に『春宵十話』で毎日出版文化賞を受賞するなど、多くの名随筆を残した。1978年没。 山折哲雄 1931年生まれ。宗教学者。東北大学文学部印度哲学科卒業。同大学文学部助教授、国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長などを歴任。著書に『空海の企て』『愛欲の精神史』『日本文明とは何か』『「始末」ということ』など多数。

出版社: KADOKAWA
サイズ:224ページ
発行年月:2014/9/25

関連する商品

ページトップへ