衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

ぞうのマメパオ
藤岡拓太郎

¥1760(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

【あらすじ】
ある冬の日、たまごのおつかいを頼まれたジュンちゃんは、
たまご屋さんに向かう途中で、迷い子らしき小さな象に出会います。
ダッ!小さな象は逃げてゆく。
「まって!」
果たしてジュンちゃんはこの象と仲よくなって、
お母さんとお父さんを見つけてあげることができるのでしょうか?

【作者・藤岡拓太郎さんより】
「かわいすぎて笑ってしまう」ようなものが描いてみたくなって、この絵本を作りました。
子どもが持つ愛らしい動きや言葉を描くことを軸に、シンプルでかわいい、
そして変な、おもしろい絵本が描けたと思います。
漫画っぽい要素もある絵本なので、
自分でひらがなが読めるようになった子どもたちにとっては、
この本が新しい世界の入口になってくれたらとても嬉しいです。
いつものように手作り読者カードも入っています。
子どもも大人も、ぜひ感想を聞かせてください。

藤岡拓太郎
1989年5月31日、大阪生まれ、大阪在住。
2014年からTwitterとInstagramでギャグ漫画の発表を始める。
著書に『藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない』、
『大丈夫マン 藤岡拓太郎作品集』、絵本『たぷの里』
(いずれもナナロク社刊)がある。
かわいいと思うものは、トムとジェリー、ダンボ、パンダコパンダ。

出版社: ナナロク社
サイズ:196ページ 15.5 x 2.1 x 21.5 cm
発行年月:2022/4/9

関連する商品

ページトップへ