衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

IWAKAN Volume 03

¥1650(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

人の数だけグラデーションに意見や立場がある、という前提に立つことを再確認できる雑誌です。多様な人々が生きる世界で、これからの政治はどんなかたちが理想で、わたしたちはどういう選択をしたら良いのでしょうか。
差し迫っている課題が多すぎて悠長なことは言ってられないときもありますが、異なる立場の人たちとゆるやかに連帯しながら、互いの生きやすさを探っていきたいです。

政治におけるジェンダーギャップのみならず、法律や制度を決める場所に男女以外のジェンダーや立場をもつ人々が参画できていない現状。一部の属性の人たちだけで政治を続けた先の未来に、多様な属性を持つ人々の声が政治に反映されない現状に、国会議員のジェンダーギャップが私たちの暮らしを蔑ろにしてきた過去に、いまこの瞬間から向き合う一冊です。今号では、政治の当たり前に、様々な角度から“違和感”を問いかけています。

世の中の当たり前に"違和感"を問いかけるマガジン

2020年10月に創刊したIWAKANは、世の中の当たり前に“違和感”を問いかけることをコンセプトに、”違和感”を抱く人たちに寄り添う雑誌。それらの違和感に100点の答えを出すのではなく、共に考え、新たな当たり前を共に創造し、提案していきたい。ジェンダーや性別の当たり前に違和感を投じた創刊号・特集「女男」は累計1,500冊を発行。2021年3月には、2号目「特集 愛情」を発売しました。

◆特集 政自
政治におけるジェンダーギャップのみならず、法律や制度を決める場所に男女以外のジェンダーや立場をもつ人々が参画できていない現状。一部の属性の人たちだけで政治を続けた先の未来に、多様な属性を持つ人々の声が政治に反映されない現状に、国会議員のジェンダーギャップが私たちの暮らしを蔑ろにしてきた過去に、いまこの瞬間から向き合う一冊です。今号では、政治の当たり前に、様々な角度から“違和感”を問いかけています。

【目次】
イシヅカユウ× Kan 対談「政治化される声」/ イシヅカユウ、Kan
ASIAN WAVES / 見市健、古橋綾、熱田敬子
アカデミアにおける政治的アクティビズム / 生駒夏美、加藤恵津子
SCUM MANIFESTO / Clotilde Puy
STUDY OUR ISSUE / 井田奈穂
人生は「誰と、どこで、どう出会ったか」 / 薮内美佐子
触覚と横断 / 小玉智輝
PEOPLE VOICE OPINION Let the people speak!
怒れるべき時に一緒に怒れる社会に / Akira the Hustler
MIMESIS / Boundary Studies
“ワタシ”と政治
不在の中のわたし / Sho Akita
クリーンな世界の裏側 憧れとコンプレックスが生み出すいびつなファンタジー / 高田冬彦
Dialogue for Solidarity / シャン、Isobel、mina、ラビアナ
ひとり妄想選挙ポスター / super-KIKI
Planet Andromeda: Transition Day
政治の話をしましょうか / Ana
ラディカルな穏健 / 佐々木ののか
Stopped Making Sense / Noemi Minami
なんちゃら話 / 須田レーナグレイス、雨夜
不完全な私のビューティーハンドブック / Yuri Abo
Asian Gaze / 潟見陽 from loneliness books
IWAKAN Open Art Contest from Contributors

出版社: REING
サイズ:90ページ 29.7 × 21.0 cm
発行年月:2021/9/17

関連する商品

ページトップへ