衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

【アーカイブ】改訂版 星の王子さまの天文ノート
縣秀彦

¥1837(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

月の不思議、四季の星座、美しい銀河や天文現象を納めたミニ図鑑等、『星の王子さま』をもとに、王子さまやキツネ等の絵とお話をちりばめた、天文初心者向けのやさしいビジュアル入門書。

「星があんなに美しいのも、目に見えない花が一つあるからなんだよ」
——全世界で8000万部を超えるサン=テグジュペリ『星の王子さま』のお話と挿絵とともに、国立天文台 縣秀彦先生の監修のもと、都会でもふと見上げた時 に楽しめる月や太陽系の惑星、美しい銀河の秘密を丁寧に紹介しています。
すぐに使える、春夏秋冬の星座早見表も収録。
好きな星がきっと一つ見つかる、初心者の方のためのやさしい天文入門書です。

《第一夜 月の不思議》
月はどのように生まれたのか 
机上で歩く「月」
月の満ち欠けと月齢 
月の形と見え方/月と弦の話 
月をもう一周…暦と天文学の不思議な関係 
一番星のための薄明カレンダー 

《第二夜 地球と近くの星、惑星》
太陽系のながめ
太陽系[水星/金星/地球/火星/木星/土星/天王星/海王星…その他の天体」
【column:天文学者の話_1】「古代宇宙に存在した天体“ヒミコ”」大内正己
(東京大学宇宙線研究所) 

《第三夜 流星、彗星、日食……特別な天文現象》
天文現象のabc
流れ星とは 
近年の主な天体イベント 
日食はどうして起こるのか 
日本で21世紀に見られる日食 
オーロラのはなし
【Le Petit Prince column_α】 『星の王子さま』と作者 サン=テグジュペリ

《第四夜 天文採集》
天文と気象現象
太陽系の天体
星雲と星団
銀河と銀河団
【column:天文学者の話_2】「スーパーコンピュータで地球をつくる」小
久保英一郎(国立天文台理論研究部) 

《第五夜 星座》
「星座」の基礎知識
春夏秋冬の星座 
黄道12星座の星案内
【Le Petit Prince column_β】 サン=テグジュペリと星  
【column:天文学者の話_3】「137億年を前に」柏川伸成(国立天文台 光赤外
研究部)

《最終夜 人と星の道のり》
人は今、宇宙のどのあたりにいるのか
人と星の歴史
タイプ別星へのアプローチ 
a)国立天文台を知る 
b)天文台へ行こう 
c)科学館は楽しい 
d)天体写真はじめの一歩 
天文用語メモ

縣秀彦 (あがたひでひこ)
1961年生。自然科学研究機構国立天文台准教授。東京学芸大学特別教科教員養成課程修了、教育学博士。東京大学附属中学・高校教諭を経て現職。総合研究大学院大学准教授を兼務する他テレビやラジオ等でも活躍。

出版社: 河出書房新社
サイズ:128ページ 15 x 1.2 x 21 cm
発行年月:2021/5/21

関連する商品

ページトップへ