衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

みみをすますように
酒井駒子

¥4180(税込)

商品サイズ3:送料660円〜(地域により送料が異なります)

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

絵本作家、酒井駒子。
その静謐さをたたえた美しい絵と、詩的で思索的な文との響き合いは、子どもから大人までの多くを魅了し、日本にとどまらず海外でも高い評価を得ています。
本書は、酒井駒子初となる本格的な個展「みみをすますように」にあわせて刊行する画集です。
デビュー作から最新作まで、20冊を超す絵本を中心に約300点の原画、 約30点のラフスケッチを選びました。 画用紙や段ボールに黒い絵の具を下塗りし、その上に描き出された子どもたちや動物たち。時が止まったかのような、あるいは雪降る日の静けさの中の、まぶたの奥の瞳に、ひそやかな仕草に、ささやき声に。 みみをすますように、ごらんください。

クロス装に題箋貼りされているのは、本書のための描き下ろしの絵。
タイトルは「手に鳥を乗せている」。

ブックデザインと絵の並びは、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)を手掛けたcozfish(祖父江慎+藤井瑶)が担当。

酒井駒子
1966年生まれ、絵本作家。絵本に『よるくま』『はんなちゃんがめをさましたら』(いずれも偕成社)『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など、画文集に『森のノート』(筑摩書房)。『きつねのかみさま』(作・あまんきみこ、ポプラ社)で日本絵本賞、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞、『ぼく おかあさんのこと…』(文溪堂)でピチュー賞(フランス)・銀の石筆賞(オランダ)、『くまとやまねこ』(作・湯本香樹実、河出書房新社)で 講談社出版文化賞絵本賞を受賞。 『ゆきが やんだら』(学研プラス)はニューヨーク・タイムズの「2009年の子供の絵本最良の10冊」にも選ばれた。

出版社: ブルーシープ
サイズ:424ページ 20.5 x 15.5 x 4 cm
発行年月:2021/4/13

関連する商品

ページトップへ