衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

【アーカイブ】境界を生きる 性と生のはざまで

¥1430(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

わたしは男? それとも女?
「性分化疾患」と「性同一性障害」。
男と女、生まれたときに性別は決まっている――そう疑わない社会で、誰にも言えない苦しみを抱える当事者たち。苦悩する医療関係者、そして現実の壁。人間の根源に迫った新聞報道の金字塔が、ついに書籍化。石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞受賞(草の根民主主義部門・2010年度)、第29回ファイザー医学記事賞優秀賞受賞。

【目次】
1章 性分化疾患(性を選ぶ苦悩;医療の現場で;事実を知るとき)
2章 性同一性障害(学校というハードル;親子の距離;待てない子どもたち ほか)
3章 性と生のはざまで(結婚、子育て、夢は…;働きたい;戸籍の「壁」 ほか

出版社: 毎日新聞出版
サイズ:240ページ
発行年月:2013/2/26

関連する商品

ページトップへ