衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

【アーカイブ】私は自分のパイを求めるだけであって人類を救いにきたわけじゃない
キム・ジナ/小山内園/すんみ

¥1650(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

「セックス・アンド・ザ・シティ」を地でいくバリキャリのつもりだったけれど、全く自由でなかったのではないか…。フェミニズムに目覚め、「女性の党」の党首となった韓国人女性の、家父長制からの脱洗脳の闘いの記録。

【目次】
外に飛び出した「自分ひとりの部屋」
野望は女を生かすのだ
私は自分のパイを求めるだけであって人類を救いにきたわけじゃない!
退職は私の選択だったのか?
あきらめないことを選んだ
無報酬労働がイヤで
女にお金を使おう
私は私の世帯主
私のはじめての女性嫌悪広告
『セックス・アンド・ザ・シティ』脱出
〔ほか〕

キム・ジナ (著)
コミュニケーション・ディレクター。時代や社会へ向けたメッセージを広告や空間を通じて発信する。弘益大学視覚デザイン科卒業後、広告代理店に入社。現代自動車、現代カード、バッカスなど大手企業のCMを次々に手がけ、独立後の2013年には大韓民国広告大賞も受賞。フェミニズムに目覚めてからは女性嫌悪を排除した広告作りに邁進する。2016年に発表した化粧品広告でフェムバタイジング(Femvertising、フェミニズムFeminismと広告Advertisingを掛け合わせた造語)の先陣を切った。また「外に飛び出した自分ひとりの部屋」をコンセプトに運営する「ウルフソーシャルクラブ」はソウル有数のフェミニズム空間であり、2019年3月にニューヨーク・タイムズにも紹介された。2021年4月のソウル市長選に立候補。本書は著者はじめての著作、発売後3カ月で5刷の話題作。

すんみ (訳)
早稲田大学大学院文学研究科修了。訳書にはイ・ミンギョン『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(共訳)、ユン・ウンジュ『女の子だから、男の子だからをなくす本』ほか多数。

小山内園子(訳)
東北大学教育学部卒業。社会福祉士。2007年、社会福祉士として派遣された韓国「ソウル女性の電話」にて、差別や暴力被害に苦しむ韓国の女性たちの現状を知る。訳書にはイ・ミンギョン『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(共訳)、カン・ファギル『別の人』ほか多数。

出版社: 祥伝社
サイズ:200ページ
発行年月:2021/7/1

関連する商品

ページトップへ