衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

blank

ひとりになること 花をおくるよ
滝口悠生/植本一子

¥1760(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

この手紙が自分に宛てられたわけじゃないのに、読む手に力がこもっていました。日常の中で生まれる言葉にしづらい感情、特に色々なことがありながらも家族で一緒にいることについて、喜びだけじゃない戸惑いや葛藤もそのまま書かれているところに、心が動かされたからだと思います。
ひとりの生活者としての視点を大切にされているお二人の文章を読んでいると、明日に向かう気持ちがじんわりと明るくなっていました。

小説家の滝口悠生さんと写真家の植本一子さんによる往復書簡。
2021/11から2022/4にかけて行った往復書簡の話題は、書くこと、誰かと生きること、ひとりになることなど多岐に渡ります。
約7万字で164ページの完全書き下ろしです。

「滝口さんに宛てて書くということで、 こんなにも筆が滑ってしまう事になるとは......。」(植本)

「さびしさについて一子さんが書いていたことを、ここ数日持ち歩くように考えていました。」(滝口)

「歳をとることで、おそらく母は小さくなっていく。それに反比例して、私はきっとまだまだ強くなる。なんとなく、そこが逆転する瞬間にしか、対等に話は出来ないのではないか、そんな風に感じています。」(植本)

「来てみるまではこんな場所に来るとは思いもしなかった場所でお昼ご飯を食べ、ビールを飲みながら、ああひとりだ、と思う。娘のことを忘れるわけではないけれど、遠い、と思う。」(滝口)

植本一子
写真家。1984年広島県生まれ。
2003年にキヤノン写真新世紀で優秀賞を受賞。
2013年より下北沢に自然光を使った 写真館「 天然スタジオ」を立ち上げ、一般向けの記念撮影をライフワークとしている。
著書に『働けECD わたしの育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』『降伏の記録』 『台風一過』『うれしい生活』など。

滝口悠生
小説家。1982年東京都生まれ。
2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。2015年『愛と人生』で野間文芸新人賞、2016年『死んでいない者』で芥川賞。
著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・ エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』『やがて忘れる過程の途中( アイオワ日記)』『長い一日』など。

出版社: 植本一子
発行年月:2022年5月29日

関連する商品

ページトップへ